ロゴ
HOME>体験談>自身の使命を背負ったインディゴチルドレン【アセンションで救う】

自身の使命を背負ったインディゴチルドレン【アセンションで救う】

オーラ

みんなの声

人に優しくできるようになった

ずっと生きづらさを感じて生きていました。人と接するのが苦手で、人と同じことをする学校生活にも違和感を覚えていたので学生時代はけっこう辛かったです。社会人になってからも生きづらさは変わりませんでしたが、ある日、偶然出会ったのがインディゴチルドレンという言葉でした。それまではあまりスピリチュアル系には興味がなかったのですが、偶然見つけたインディゴチルドレンの特徴として挙がっていた項目に自分がたくさん当てはまっていたのでとても驚きました。また、自分と同じ様な人がたくさんいることが分かったことも大きな発見でした。それ以後はインディゴチルドレンであることを自覚して過ごしており、おかげで随分生きづらさが解消された気がしています。また、人との接し方が変わったおかげで人に優しくできるようになった気がします。最近はアセンションを実現するため、好きなことを積極的に取り組んでいるので自分らしく生きられるようになりました。なので、もし生きづらさで悩んでいる人がいたら、インディゴチルドレンについて調べてみることをお勧めいたします。20代女性

何事にも冷静に対処するのがコツ

若い頃は神経質な上に言語でのコミュニケーションが苦手だったことから辛い毎日を過ごしていました。しかし、自分が大人のインディゴチルドレンであると自覚してからはその状況は一変した様に感じています。自分に役割があると分かったことで何事にも冷静に取り組むことが出来るようになりましたし、多様な価値観を受け入れられるようになることが出来ました。また、好きなことや熱中できることでアセンションに取り組んでいるので、毎日がポジティブでクリエイティブになりました。毎日、心に余裕を持って暮らせるので他者の心にも共感することが出来ます。地球の波動は近年上昇しつつあるとも言われているので、今後もアセンションに取り組んでいきたいと考えています。50代男性

広告募集中